肌を上げて若く|口コミ情報で選ぶ美容外科|クリニックの場所による施術法の違い

肌を上げて若く

女性

部位によって異なる対応を

老化現象の中でも、顔の印象を大きく変えるものがたるみです。顔のたるみには、大きく分けて、頬のたるみと目元のたるみの二種類があります。たるむ部位によって異なる対応をとることによって、若々しい印象を維持することができます。頬のたるみの特徴は、口まわりの筋肉の衰えにあります。口まわりの筋肉を鍛えるために、表情をいろいろと変える運動をする方法がありますが、それだけでは十分なたるみ防止効果は得られません。頬が下がってきたと思ったら、美容整形外科で頭皮を切り開き、口まわりの筋肉を引き上げる手術をするのが簡単です。この方法をとれば、持続的に下がらない肌を手に入れることができます。目元のたるみの特徴は、まぶたの脂肪が下がるところにあります。そこで、脂肪吸引手術を受けると、若いころの目元を取り戻せます。

ダウンタイムに注意する

顔の筋肉を引き上げたり、脂肪吸引したりすると、ダウンタイムが生じます。ダウンタイム中は、刺激となるメイクができなくなったり、包帯で顔を覆う必要があったりと、日常生活に支障が生じることもあります。そのため、事前にどのくらいの期間、ダウンタイムが生じるのか、ダウンタイム中にどの程度の支障が生じるのかを確認することが大切です。仕事の関係で、メイクを施せない時間が長くかかるのが難しければ、長期休暇中に手術を受けるなど、工夫が必要になります。また、美容整形手術は、顔に大きな変化をもたらすものなので、アフターケアが必須です。術後のケアについても、事前に医師からよく説明を聞いておき、事前に必要なケアアイテムをそろえておくと良いでしょう。